ブラックリストの期間が関係

クレジットの利用には、ブラックリストの期間が関係します。返済時に何をしたかによって、ブラックリストに名前がある期間には差が生じます。ブラックリストに名前がある期間が長期に及ぶほど、クレジットカードの発行を待たなければなりません。

日常的にクレジットカードを使っているうちは、不便を感じない可能性もあります。ホテルの予約や海外旅行の手続き、クレジットカードを使ってのネット決済などは、これまで通りにカードを使うことが可能です。

クレジットカードは、かなり私たちの生活に密着しています。ブラックリストに名前が入ってクレジットカードの発行が難しくなると、様々な点で不都合を感じる機会が増えてくるのではないでしょうか。

幾つかの信用情報機関がありますが、各社によってブラックリストに名前を残す期間設定には違いがかり、一様にはいえません。信用情報機関であるCICは、ローンやキャッシングの信用情報を扱っており、多くの金融会社が加盟しています。

CICの事故情報は、返済遅延や任意整理の場合は5年間、自己破産をした場合は7年間の記録が残ります。返済遅延や自己破産は、それらの状況が終わった直後からの記録を残します。

ブラックリストに載っている期間やクレジットカードが作れる状態になるまでの期間を信用機関に問い合わせをして確認する場合は身分証明書が必要になりますので注意しましょう。